ソフィア

今回の任務は輸送船の護衛が主目的となり、輸送船に積まれている貨物を敵の攻撃から破壊されずに守り通さなければなりません。

護衛中は機雷や攻撃ヘリ等の襲撃等、常に臨戦状態を保つ事になりますが、特に厄介なのが後方から接近する2体のヘビ型の水中機動兵器です。

          

この水中機動兵器は体当たりによる攻撃を行ってきますが水中から水上へと、その長い体を上下にうねらせる様にして輸送船に接近。甲板上の貨物を全て破壊していこうとします。
またその体もブロック構造によって、部分的に破壊しても行動可能。移動速度も速く、急速に接近してくる為、始めて対峙するパイロットにとっては撃破の難しい存在です。

          

しかし、情報本部が集めたヘビ型の水中機動兵器に関する戦闘記録から、その攻略のヒントとなる情報が得られました。
ハウンド隊のユウリ機による撃破時の記録映像となります。それでは下記をご覧ください。

ソフィア

まず、敵に対しての攻撃方法ですが、対空兵装への切替で発射可能なツインライフルを使用しています。
ツインライフルをかまえた状態で敵が接近してくるのを待ち、敵の頭部が出現したところに2発連射して攻撃。

          

すると、敵は頭部が破壊されると同時に本体部分も次々と爆発していく事が分かります。
これは敵兵器の中枢システムが頭部に存在しており、その部分が破壊されることで、胴体以下の部分も制御機能を失い誘爆しています。

          

敵の出現が確認できたと同時にツインライフルで頭部を狙撃、破壊する事で輸送船の貨物への接近を阻止します。

また、この機動兵器が出現するときは、陽動として事前に2体の人型兵器が空輸されてくるようですので注意してください。

むしろこの2体の人型兵器を確認したら、後方に気をつけるようにしてください。

以上で報告を終了いたします。
それでは皆さんのご武運をお祈りいたします。

ソフィア

それでは苦戦が伝えられております、敵戦略級大型機動兵器『海ヘビ』の攻略について情報を送りたいと思います。

『海ヘビ』。水中から突如登場するこの敵兵器の最大の特徴は球形の大型のエネルギー誘導弾の連発と敵本体による体当たり攻撃です。

          

特に海ヘビはエネルギー誘導弾を連発で発射してきます。さらに敵の頭部プロテクターを破壊すると、エネルギー弾の発射数が増え、より攻略が難しくなっています。

情報本部では、この対海ヘビ戦での戦術を模索した結果、ハウンド隊のユウリ機がジャングルでの輸送船の護衛任務にて遭遇した『海ヘビ』を撃破した記録映像を入手しました。以下の映像を参考に戦術を紹介します。

ソフィア

まず、敵に対しての攻撃方法ですが、極めて単純かつ効率の良い方法が分かります。それは「ガトリング砲」です。
前半戦はツインライフルおよびミサイルによる頭部への集中攻撃でダメージを与えおりますが、後半戦はガトリング砲のみで攻撃を行っています。

          

敵本体は最初の爆発が起きた後、頭部および腹部の装甲が剥がれ落ちた事により非常に脆い状態となっており、ハウンドから撃ち込まれた弾数の分、大きくダメージを受けている事が分かります。
その為、連射性能の最も高いガトリング砲が非常に有効であり、1分も立たないうちに『海ヘビ』の破壊に成功しています。

          

如何でしょうか。『海ヘビ』の攻略については以下の2点。
・前半戦は頭部への集中攻撃。
・後半戦は剥離した装甲部分への(ガトリングガンによる)集中攻撃。
この2点を守れば、『海ヘビ』の対策は充分に可能です。

以上で報告を終了いたします。
レーダーにはくれぐれもご注意ください。